思い出の一番ベスト3 第1位【平成9年秋場所 貴乃花VS小錦。ぶつかり合うプライド】

3回にわたって書いてきました、「思い出の一番ベスト3」。

今回がラストです、第1位ですね。最後はマニアックです。

『1997年 秋場所 貴乃花ー小錦戦』

たしか10日目とか11日目ぐらいだったと思います。

この一番は自分がリアルタイムで見てきた取組の中ではダントツの一番です。

当時の小錦は次の場所で引退する最晩年でしたが、

この場所は前頭2枚目位で、上位との対戦圏内でした。

膝を始め、満身創痍の小錦ではありましたが、

まだまだ組んでからの巨体を生かした寄りは力がありました。

しかし、そんな小錦に対していなしたり、引いたりと、正面から受け止めて

まともに勝負する力士はいませんでした・・・黒星が重なり続ける元大関。

そんな中で迎えた横綱貴乃花戦・・・

正面から突っ込む小錦を横綱は正面からがっちりと組みとめました。

胸が合うやいなや土俵際まで一気による小錦、粘る貴乃花・・・

それは、絶頂期を迎えた横綱に対して、先輩大関のプライドを懸けた一番になっていました。

最後は土俵際で貴乃花が投げを打ち小錦は敗れましたが、感動的な一番でした。

取り組み後小錦は涙を拭っていましたが、昔ならあのまま勝てた悔しさだけでなく、

真っ向から勝負してくれた横綱への感謝の気持ちがあったのかもしれません・・・

大関のプライドと最後の意地、そして横綱としての姿勢とプライド。

前回、千代の富士ー貴乃花戦をご紹介させていただいた時に、

挑戦者としての姿勢を書いたと思いますが、この一番は横綱としての姿勢を、

貴乃花が見事に見せた一番だと思います。

最近言われる、「横綱」としての立合いや、姿勢。

この一番を見たら細かい説明はいらないと思います。

自分自身の中で、貴乃花という力士への想い入れが、

非常に強くなったきっかけの一番でした。

というわけで、思い出の一番ベスト3の第1位でした。

まだまだ番外編もありますが、それは次の機会に。

最新情報をチェックしよう!