立ち上がれ稀勢の里!【稀勢の里らしいって何だ?本当にそれでいいのか?】

2016年の大相撲も、九州場所で終了しました。
今年は5人の優勝力士や、10年ぶりの日本人力士の優勝など、
(面倒だからこう書きます)
例年よりバラエティーに富んだ顔ぶれ?になりました。
しかしそんな中、彼の顔がありません・・・・。
そう、稀勢の里・・・
一番横綱や優勝に近く、そして一番遠い力士です。

今年は初の年間最多勝を獲得。
ちなみに優勝なしでの獲得は史上初。 

3横綱を撃破して優勝できず。
前回成し遂げた陸奥親方は、しっかり優勝してます。

この九州場所でついに準優勝が12回目とのこと。
歴代何位かはわかりませんが・・・。

一年間ほとんど綱取状態にも関わらず、
常にあと一歩足りません。

そんな稀勢の里にファンは言っています。

「稀勢の里らしい」
「そんなところが魅力」

しかし本当にそうですか??

親方や兄弟子の教えを守り、周りと戯れる事なく孤独に稽古に精進し。
若くして出世しましたが、驕らず期待通りに大関まで昇進。
カド番を繰り返す周囲をよそに、常に大関として安定した成績を継続。

そんな中、ワンチャンスで両大関が優勝し、唯一優勝のない大関と言われています。
そして本人の本意ではないと思いますが、
優勝なしの綱取り継続は甘いと言われ(私もそう思っていますが)、
何となく彼に対しての風当たりや失望感があるように思います。
緊張しすぎ、笑わない方がいい・・・色々言われています。

しかし・・・
余計なお世話だと思いませんか??
恐らく稀勢の里は全身全霊をかけて相撲を取っているだけで、
期待は裏切り続けていますが、気合の入っていない相撲は
見せていないと思っています。
八百長問題が起きた時も、一切疑惑さえかからないそんな力士です。

左四つの力強い相撲。そして安定した成績。
「ワンチャンスで横綱に!」という声もありますが、それは違います。
ワンチャンスというのは、一回だけのチャンスを活かすことをいうのです。
稀勢の里は成績的に、下手な横綱以上に安定しています。
あとは優勝だけなのです。
すでに諦めたり、納得しているファンもいるかもしれません。
しかし、琴櫻や三重の海などは突然変異型昇進でした。
年齢的にまだまだ下る歳ではありません。

日本人で横綱に一番近いのは事実稀勢の里です。
そして、国技としての意地を随所で見せてきたのも稀勢の里です。
これは忘れてはいけない事実です。

17歳で関取になり、貴乃花の再来を夢見たファンはもう一度
声援を送ってあげて欲しいと思います。

最新情報をチェックしよう!