照ノ富士にも称賛を!【ドラマチックの裏側で・・・】

休場するほどの怪我を乗り越え、
本割・決定戦と稀勢の里が劇的な連勝をし、
22年ぶりの新横綱優勝!
そして君が代が流れる中での男泣き。
最高にドラマチックな結末を迎えた大相撲春場所。
平成13年夏場所の貴乃花を彷彿させる見事な気力と、
横綱の意地を見せてもらいました。

しかしその一方、どこかモヤモヤしているのは私だけでしょうか??
会場にいたわけではないのですが、
照ノ富士が勝ってはいけない雰囲気になってませんでしたか?

横綱昇進までの苦労、今場所序盤の好調さと連覇への期待。
愚直なまでの土俵への姿勢。
一方で、昨日注文相撲で勝利した照ノ富士。
たしかに新横綱が賜杯を抱くことに期待する気持ちはわかります。

でも、照ノ富士だっていずれ横綱といわれながら、
ずっと優勝していないのです。膝の怪我と戦っているんです。

昨日からだったか、テーピングが厚くなってませんでしたか?
今日も足が出てませんでした。
もしかしたら遠藤戦あたりから膝の状態が良くなかったのかもしれません。
照ノ富士が2年ほど前、終盤までトップを走っていたにも関わらず大けがを負い、
無理に出場した結果怪我が長引いていることを、今回ブーイングした人たちは
みんな知っているんでしょうか?

「どうしても優勝がしたい気持ち」
「無理にでも出場したい気持ち」
「やりづらい相手の気持ち」

誰よりも全てを分かっていたのは、
照ノ富士本人ではないでしょうか??
大歓声の中、負けた後の表情を見て、
何だか複雑な気持ちになりました。

稀勢の里の優勝は素晴らしいです。
何も文句を付ける気はありません。
素晴らしい優勝を見せて頂けたと思います。
ただ、一方的な報道には対しては違和感を感じます。

大怪我した貴乃花に優勝をさらわれた武蔵丸。
もう一度元気な状態での対戦を待ち続け、7場所後に実現。
見事リベンジを果たしました。

稀勢の里は完全に治して、やはり強いんだと言うところを見せなければいけません。
一方で照ノ富士は、互いに万全で雑音のない中、次回は勝たなければいけません。
それぞれのプロローグになる春場所だったことを切に祈ります。
横綱も、大関も15日間お疲れ様でした。

最新情報をチェックしよう!