四つ相撲を伝える【まだまだここから栃ノ心】

貴景勝をテレビで見かける日も多かった、
場所後の新大関誕生フィーバーも落ち着きを取り戻しました。

しかし夏場所番付発表の際には、
再び騒がれ、否が応でも注目される新大関貴景勝。
令和最初の場所、いよいよ期待の日本人新大関が出陣します。

そんな華々しい裏で、約1年前に同じように新大関として
世間の注目を浴びた栃ノ心。
まさか一年後の現在を想像していた人は、多くはいないでしょう。
少し前には、四つで白鵬を寄り切れる実力を持つ力士だった栃ノ心。
救済処置が残っていますが、今場所10勝を上げないと正真正銘大関陥落です。

白鵬と逸ノ城の優勝争いに注目し、
貴景勝の勝敗に一喜一憂した春場所。
特に千秋楽は固唾をのんで見守った方も多かったでしょう。

そんな中、私の中で心を打ったのは栃ノ心の土俵態度でした。
7勝で迎えた千秋楽。勝てばカド番脱出。
しかし相手は大関昇進がかかる貴景勝。
まさに皮肉な入れ替え戦です。

正直、変わるかな?と思いました。
この状況で貴景勝は必ず正面から来るはずなので、
立ち合い色々考えても不思議でない状況だったと思います。
しかし栃ノ心は真正面から受け止め、そして敗れました。

立ち合い小細工をしたところで、勢いのある貴景勝相手なので、
結果は変わらなかったような気もします。
しかし栃ノ心は大関のプライドと誇りを見せました。
感動しました。

かなり勉強したのだろうと思う流暢な日本語。
関脇の親方を慕う態度や言葉。
日本人の心を持った素晴らしい青年だと思います。

周りにいる、年配の相撲ファン達は、
ガチガチの四つ相撲である栃ノ心の相撲を好みます。
そう、昔の相撲は、今のように一瞬で決まることが少なく、
四つの攻防が多かったからです。
だから栃ノ心が繰り広げる、四つ相撲での攻防を好むのです。
双葉山や栃若を見てきた94歳の祖父も絶賛する栃ノ心の四つ相撲。
日本の心を伝承するため、まだまだ下を向いてる時ではありません。

最新情報をチェックしよう!