色々残念【立ち合いの変化と理事長発言】

賜杯の行方や各段優勝、そして昇進がかかる終盤戦。
盛り上がりも増してまいりました。

そんな中での14日目「豪栄道-御嶽海」戦
豪栄道の方が格上なので仕方ないという意見もあるかも
しれませんが、非常に残念な一番でした。

終盤戦になると勝ち越しがかかる一番も多くなるので、
注文相撲が目につくようになります。

生活がかかっている。
番付上位者に対してなので問題ない。
小兵力士だから仕方ない。
相手が低すぎる。

様々な意見ありますが、
何と言ってもお客さんが盛り下がります。

小兵同士の攻防を期待していた
「石浦-照強」戦

大関復活を目指す貴景勝との激しい相撲を期待していた
「貴景勝-千代大龍」戦

ブーイングというよりも、
ため息をついたファンも多かったのではないでしょうか?

目先の白星に目がいくよりも前に出た方が力が付く。
解説の親方が注文相撲の後に大体口にするコメント。

相撲経験者ではないのでわかりませんが、
叩くことも含めて、注文相撲で勝ちだすとクセになるような気がします。
叩きを多用して良かった記憶がありません。
大事な一番で本人の意志とは無関係に身体が下がる・・・
今場所序盤、貴景勝が叩いて勝った際に一縷の不安と書きましたが、
そんな意味合いもあります。

横綱を目指す逸材と思っていた千代大海でしたが、
初優勝時辺りから叩く相撲を多く取るようになった気がします。

新入幕優勝と恐ろしい逸材と衝撃を受けた逸ノ城は、
注目の鶴竜戦で飛びました。もしもあそこで頭から行ってたら、どうなっていたでしょうか?

吐合を一直線で破った横綱を夢見た澤井青年も、
大切な所で何度叩きの失敗をしたでしょうか?

現在相撲協会は、毎日熱戦を選ぶアンケートを実施しています。
いつからだか覚えてませんが、八百長問題があった辺りからと記憶しています。
そうです、お客さんが熱戦を期待していると相撲協会もわかっているのです。

そう思うと昨日の理事長発言が一番残念です。
この一番の大切さ・・・というような事でしたが毎番大事だと思います。

そして、今場所の盛り上がりが目先の一番に思え、
相撲内容がこの先の相撲界に見えて仕方ありません。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!