あの人の意見は?【貴ノ富士暴行問題に想う】

非常に残念ですが書かなければいけないですね。
貴ノ富士問題。
いつものようにマスコミや維新力さん達が話をぐちゃぐちゃにしてくれているので、 よくわからない状態になっています。
そんな訳で私自身も整理するつもりで、一つずつ書いていきたいと思います。

まずは貴ノ富士。
辞めさせないで欲しいというのが正直なところの感想です。
彼ら兄弟は相撲未経験にも関わらず、
貴乃花部屋の厳しい環境の中で這い上がってここまで来ました。
その厳しさは稽古場だけではなく日常の躾にも及んでおり、
その価値観が今回の言動につながっている部分もあるのかもしれません。

新十両インタビューの時、
「土俵入りでその日の土俵の感触を確かめられる。」
そう言っていた貴公俊。
その言葉に「常に五感を使って一番に臨んでる力士だ」と感心したものです。

彼から相撲を奪う事は悲劇でしかなく、
もう一度時が戻せるなら、やり直して欲しいと切に願っています。

しかし一方で、今回は2度目です。
処分の軽い重いではなく、本人は重く受け止め反省しなければなりません。

そして、今回この話を受け入れることが出来ない多くの人達。
これは「誰が言ってるか?」で、 納得が出来ない部分が大きい気もします。

部屋期待の十両力士と裁判になったり、
弟子を失明させるなど暴力問題が過去にあった部屋。
その親方に言われても・・・や、
これまで消えていった沢山の暴力事件もあったでしょ?
という所謂「あんたに言われても」的な感情が多大にあるような気がします。

今回、貴ノ富士に対してはっきりと意見を言って欲しい、
また言うことでどんな処分でも納得出来るのは、
先代の貴乃花親方だけと思っています。

一度目は身をもって助けてくれた親方ですが、
今回協会が言っている同じ内容を、
もしも貴乃花親方が言ったとしたら、感情は大きく違うはずです。

もしかすると今回も変わりに謝罪してくれるかもしれませし、
「言語道断」と言われるかもしれません。

どうでもいいコメントを取るのではなく、
ぜひ、先代の意見を聞いてきて欲しいです。
泥仕合になる前に。

他にも言いたいことがあるので、続きはまた。

最新情報をチェックしよう!