CATEGORY

貴乃花

  • 2019年9月27日

あの人の意見は?【貴ノ富士暴行問題に想う】

非常に残念ですが書かなければいけないですね。 貴ノ富士問題。 いつものようにマスコミや維新力さん達が話をぐちゃぐちゃにしてくれているので、 よくわからない状態になっています。 そんな訳で私自身も整理するつもりで、一つずつ書いていきたいと思います。 まずは貴ノ富士。 辞めさせないで欲しいというのが正直 […]

  • 2018年10月3日

拝啓 貴乃花光司様【その日がくるまでは・・・】

拝啓貴乃花光司様 現役で約15年、親方として約15年。まずはお疲れ様でした。 昭和の大横綱に引き際の花道を作った貴方は、いつしか平成の大横綱と呼ばれるようになりました。 江戸時代までさかのぼり、相撲の歴史や力士を調べたのも、いつの間にか相撲マニアと呼ばれるようになったのも、みんな貴方の作った「平成の […]

  • 2018年9月26日

史上最高の横綱「第65代横綱貴乃花光司」

好角家の中でいつの時代も議論になる話題。 「今までで一番強い力士は誰か?」 これは正直わかりません。その時代の対戦相手や合い口、部屋ごとのパワーバランス。そして何よりリアルタイムで感じた強さなどは、数字で測れない重要な部分。それぞれの最強力士と、その残像が瞼に残っているはずです。 しかし、「最高の横 […]

  • 2018年2月18日

相撲の裾野を広げるために【白鵬杯開催】

先日、横綱白鵬が主催する「白鵬杯」が国技館で開催されました。白鵬の名前がついた大会なんで、アンチからすると「おいおい自分の名前付けて偉そうに・・・」とか思われるかもしれませんね。 日本やモンゴルなど8つの国や地域から多くの子供たちが参加し、8回目を迎えたこの大会。大相撲をもっと世界に広げるために、相 […]

  • 2018年2月6日

いつも結果よりもプロセス【貴乃花と目標】

色々な意味で話題を呼んだ理事選が終わりました。「貴の乱」と言われた2010年の選挙以来、2012年、2014年、そして理事長選挙で話題になった2016年とこれまでも2年ごとに選挙は行われて来たのですが、実況中継されるほど注目されたのは始めてでしょうね。 マスコミ的には、「貴乃花逆転勝利」の方が話題性 […]

  • 2017年12月18日

親方としても相撲道に不惜身命を貫く所存【貴乃花親方】

マスコミ報道がいつの間にか、 「貴ノ岩と日馬富士」ではなく、 「貴乃花親方と相撲協会」に すり替わってきていますね。  現役時代同様、多くを語らない貴乃花親方に対して、 当初は擁護的だった世間からも、少しずつ風当たりが 強くなってきているよ […]

  • 2017年11月15日

真実は何処??【日馬富士の暴行事件に思う】

正直言葉が見つかりません。貴乃花部屋最初の関取として、個人的にも応援していた貴ノ岩。症状を最初に聞いた時、相撲の怪我ではあまり聞かない、喧嘩した怪我みたいだと思いましたが、まさか・・・です。 稽古熱心でじわじわと番付を上げてきました。今年は足の怪我にも負けず、肺炎でも土俵に立ち続け、自力も上がってき […]

  • 2017年10月17日

無言の関係【貴乃花と稀勢の里】

長野巡業で、貴乃花親方が稀勢の里に熱心に指導したというニュースを見ました。「もっと大きく仕切れとか…」(土俵下からではありますが)そう言えば、巡業部長になったばかりの巡業でも指導していましたね。 この二人、元は二所ノ関一門ではあるのですが、それだけでなく、非常に共通点が多いと前から思ってい […]

  • 2017年8月9日

それぞれの横綱道【貴乃花、白鵬それぞれの考え】

「白鵬の立ち合いはズラす立ち合い」名古屋場所12日目、解説の貴乃花親方の口から、再三こんな言葉が出ていました。アナウンサーとのやり取りの中でも、ア:「以前は踏み込んで廻しを取るような立ち合いが・・・」貴:「いや、白鵬は以前からズラすのが上手い・・・」 ここ最近、特に色々言われる白鵬の立ち合いですが、 […]

  • 2017年6月24日

記憶に残る貴乃花2回の優勝【最強時代と再強への瞬間】

今回は、以前紹介した貴乃花22回の優勝で、特に思い出に残った2回の優勝を語らせて頂きます。 まずは・・・1996年秋場所初の4連覇全勝で達成し、相撲ファンの中では「貴乃花全盛期」と言われている場所です。個人的には、全盛期という表現よりも、貴乃花の四つ相撲が、最も完成型に近づいた場所だと思っています。 […]