TAG

稀勢の里

  • 2017年7月8日

それぞれの名古屋【4横綱皆勤なるか?】

今場所で、4横綱になり3場所目。残念ながら全員が皆勤はまだありません。とはいえ、この豪華4横綱時代というのは昔から優勝争いはおろか、全員皆勤というのもなかなか難しいものです。そんな名古屋場所ですが、それぞれ違った立場で望みます。 まずは、先場所は1年ぶりの優勝を全勝で飾った、絶対王者白鵬史上最多勝が […]

  • 2017年5月16日

重なり合う魂【兄弟子から弟弟子へ、そして・・・】

始まりました夏場所!まだ始まったばかりなので細かい話は抜きにしますが、上位陣で全勝が早くも二人とは・・・。稀勢の里左が使えてないのが心配。そして照ノ富士連敗、先場所の怪我は思ったよりも長引いているんですね・・・。う~ん、夏場所は荒れるイメージがあまりないんですけどね・・・。そんな中、今日はちょっとイ […]

  • 2017年2月9日

大相撲トーナメント観戦【新横綱稀勢の里国技館降臨】

2月5日に開催された大相撲トーナメント。新横綱誕生と、初の国技館での土俵入りということもあり、テレビでも結構放送されていましたね。ただマスコミもそこにばかり注目して、トーナメント自体にはあまり触れていませんでしたけど・・・。 そんな中、私も新横綱国技館初土俵入り観戦して参りました!とにかく人が凄かっ […]

  • 2017年1月22日

努力は必ず報われる【稀勢の里初優勝!笑顔を見せない漢の涙】

ついにやりましたね。稀勢の里とそのファンにとって、「嬉しい」という安っぽい言葉は使われたくないと思います。「感無量」とはまさにこの瞬間に使う言葉ではないでしょうか? 優勝賜杯を抱くことは凄いことなんですが、今回ほどそれが難しいことだと感じたことはありませんでした。 「堅くなりすぎ、もっとリラックスを […]

  • 2016年12月2日

立ち上がれ稀勢の里!【稀勢の里らしいって何だ?本当にそれでいいのか?】

2016年の大相撲も、九州場所で終了しました。今年は5人の優勝力士や、10年ぶりの日本人力士の優勝など、(面倒だからこう書きます)例年よりバラエティーに富んだ顔ぶれ?になりました。しかしそんな中、彼の顔がありません・・・・。そう、稀勢の里・・・一番横綱や優勝に近く、そして一番遠い力士です。 今年は初 […]

  • 2016年11月26日

今年の相撲もあと2日【鶴竜で決まりか?らしさ全開の稀勢の里、初優勝はいつ?】

気が付いたら更新日が一日ずれた・・・まぁいいや。あっという間に、いよいよあと二日ですね。 「鶴竜」申し訳ないですがまさかの展開!序盤戦、トップに立ってもリードしている気がしませんでしたが、さすがにここまで来れば行けるでしょう。巧いんですが、どうも派手さに欠ける横綱。前回は賛否両論ありましたので、今場 […]

  • 2016年9月2日

命を懸けた土俵【稀勢の里はいつも命がけ。正々堂々綱取りに挑む!】

一番一番命がけの取り組み・・・ とはいうものの、実際は15日間あるので、 気の抜けた相撲や、あっさりと終わる相撲が多いのも事実。 そんな中、個人的に命がけの土俵を感じるのが、 「稀勢の里の土俵への想い」 彼に対しては、日ごろから厳しいことを書いているが、 土俵に向かう必死さは現役中誰にも負けていない […]

  • 2016年7月29日

横審あまいぞ、相撲協会もあまいぞ【日本人横綱が欲しいのは分かるが、感情的昇進は悲劇でしかない。】

今年に入ってから・・・いやもう10年くらい。 ずっと期待され続けてきた稀の里。 本当に侍のオーラを身にまとい、命がけで戦っている。 立派だと思うし、応援している人も全国に沢山いるだろう。 日本人横綱の誕生(日本生まれとか最近ややこしいのであえてこう言います。) を願うマスコミの気持ちもわかります。 […]