大相撲初場所と春場所について

大相撲本場所は年6回

大相撲の本場所は1年6場所、各15日間=90日。そして本場所の合間には、地方巡業や花相撲(断髪式やトーナメントなど)と、お相撲さんの一年間は部屋を半分は留守にするほど多忙です。

「一年を二十日で暮らすいい男」という、力士のことを歌った江戸時代の歌が残っていますがそれも今や昔の話です。

基本的なことになるのですが、大相撲の本場所は年6回開催されます。

1月:初場所(東京)
3月:春場所(大阪)
5月:夏場所(東京)
7月:名古屋場所(名古屋)
9月:秋場所(東京)
11月:九州場所(福岡)

これが年間の大相撲本場所のスケジュールになります。奇数月に本場所を開催。地方場所(春場所、名古屋場所、九州場所)の後は地方巡業を回り、断髪式などの行事に関しては、東京場所の後に行うことが多いです。

地方場所後の偶数月である4月、8月、12月は地方巡業が多く、国技館場所後の偶数月である2月、6月、10月は国技館での行事が多いというイメージを持って頂ければと思います。

前置きが長くなりましたが 、今回は相撲の本場所について個人的な想いも込めて少し話を掘り下げていきたと思います。

一年最初の初場所

まずは一年最初の場所にあたる初場所です。

たしか戦前の大相撲では、1月場所と5月場所の年2回が本場所だったと思いますので、初場所の歴史は古いです。

相撲界では、年末年始の行事はあるものの年が明けるとすぐに初場所を迎えるため、力士達は場所後にようやく正月モードになるというのを聞いたことがあります。そのため力士達は正月の休み明けではなく、通常の本場所同様の緊張感で場所を迎えるわけです。

東京在住の私としては、学生時代は冬休みにあたる初場所期間こそ、相撲を見に行くのに一番適した時期でしたので(試験はありましたが)、始めて相撲の街に降り立ったのも、国技館に入ったのも記憶がない幼少期を除けばこの初場所でした。

風情ある街両国は、初場所開催の特に序盤戦、まだまだ正月気分が残り、お相撲さんの髷と着物姿が非常に映えて見えます。お客さんの中に着物姿もあり、日本のお正月を肌で感じるのには絶好のチャンスです。若い人にもぜひ足を運んでもらいたい場所です。かなり遅めの初詣の後に相撲観戦に出かけましょう。打ち出し後の夕食に鍋を食べるのにも美味しい季節になります。

ちなみに大相撲初場所といえば、あの大横綱双葉山の敗れた一番が昭和13年初場所です。既にかなりの歳月が流れているにも関わらず、初場所になると今だに語られるこの一番と双葉山伝説。これをまさにレジェンドと言うのでしょうね。

荒れる?春場所

続いて大阪で開催される春場所です!

新聞や雑誌では昔から「荒れる大阪」などと言われることも多いですが、個人的には、「途中荒れるものの最終的には上位が優勝する場所」というようなイメージを春場所には持っています。

私が相撲マニアになるきっかけになったのがこの春場所になるので、多少思い入れがある場所にはなります。

 

卒業シーズンにあたる春場所は、他の場所に比べて新弟子が最も多く入門してくる場所にあたるので、通称「就職場所」とも言われています。

そのため新序出世披露(新弟子が土俵の上で紹介される)も人数が多くなるので、当然明日のスター候補に出会える確率も高くなります。

史上稀に見る大物揃いの就職場所といえば、若貴や曙、魁皇といった顔ぶれが同時に初土俵を踏んだ昭和63年の春場所があまりにも有名です。また平成4年の春場所は史上最多の160名が初土俵を踏み話題になりました。

その他春場所の出来事といえば貴闘力の平幕優勝、「大阪太郎」こと朝潮太郎の活躍。今回少し調べて知ったのですが、伝説の栃若全勝決戦も春場所だったそうです。最近では豪栄道や勢への大応援、少し前だと小結大善母の応援が印象的でした。

初場所と春場所は例年野球のない時期であり、かつ夏季オリンピックやワールドカップ開催年であっても被らない、そんな相撲に集中できる期間に開催される本場所です。

初場所と春場所について紹介しましたが、気づいたら文章も長くなってきましたので、今日はここまでとして残りは次回以降に書きたいと思います。

 

大相撲初場所とは?春場所とは?
最新情報をチェックしよう!
広告