イケメン力士【炎鵬早々に全国区へ】

イケメン力士関連のブログはやはりアクセス数が伸びます。

(理由は不明ですが)特にイケメン力士③のブログが伸びています。

皆さん少し前のイケメン力士に興味があるのでしょうか??

そんな中、今回はわりとベタな力士をご紹介します。

もはや全国区になった小兵力士。

炎鵬晃

2017年春場所の初土俵から丁度3年が過ぎましたが、

当初はここまで順調に上がるとは想像できませんでした。

もちろん、新十両での負け越しや、新入幕での連敗負け越しなど、

炎鵬本人としては決して順調だとは思っていないでしょうし、

炎鵬の努力あっての現在の地位だと思います。

しかし個人的には、幕下上位の段階でもっと苦戦すると思っており、

15枚目以内連続勝ち越しからの新十両は想定外の速さでした。

炎鵬人気要素1つ目「顔」

キリリとしたイケメン力士というよりも、可愛らしい人形のような顔です。

炎ジェルと言われるのも何だか納得します。

最近可愛いと言われる力士が多くいのですが、個人的にはどう思っているのだ

ろうかと気になっています。力人なわけですし。

炎鵬人気要素2つ目「体格」

100キロに満たない体重と、身長も170センチありません。

土俵に立った時の炎鵬は本当に「ポツン」とした大きさです。

よく比較される舞の海ですが、炎鵬の方が舞の海より小さく感じます。
(舞の海も曙や小錦、武蔵丸と対戦していましたが)

身長は恐らく変わらないのですが、

横に立ってみた時の厚みを炎鵬には感じません。

その小さな身体で取る激しい相撲は、連日お客さんを沸かせています。

炎鵬人気要素3つ目「相撲っぷり」

小さな身体を活かした速さはもちろん、相撲の巧さもあります。

投げ技など派手な技が多く、技能派的な相撲ぶりを応援しているファンも多いで

すが、炎鵬の相撲で魅力的なところは、真っ向勝負と諦めないしぶとさだと思っ

ています。1ミリも力が残っていないと言っていた松鳳山との攻防など、身体全

体とエネルギー全てを放出して戦っています。色々と技を繰り出さないと

勝てないだけに、おのずと投げ技など多彩な技に繋がっているのです。

気が付けば全国区の力士になりました。田中みな実とも会えました。

怪我が最大の懸念か

しかし高見盛や遠藤のように、人気力士の宿命か

(懸賞金の多さか)周りがより力をいれて倒しにきます。

そして現在三段目にいる宇良のように、小兵力士と怪我は隣り合わせと

いうのもあり、場所によっては土俵生命に関わってくる可能性もあります。

全国区の力士であり、現在流行りの小兵ブームのアイコンの炎鵬。

怪我無く三役めざして頑張って欲しいですね。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

クリックお願いします。

最新情報をチェックしよう!
広告