華のある力士遠藤【本領発揮新三役遠藤】

女性ファンが増えてきたので、何かとイケメン力士が話題になります。
いつもイケメン力士ランキング常連になる遠藤。しかし遠藤は顔だけではありません。今回は「持っている力士遠藤」の様々な魅力をただただ書いていきたいと思っています。

遠藤はとにかく華があります。これは残念ながら稽古で実力を磨くなどして後付けすることが出来ない要素です。しかし一方で、彼は重い十字架を背負わされ土俵に上がり続けてきた力士です。

かって暴行事件、横綱朝青龍の不祥事での引退、大麻問題、野球賭博、八百長問題と不祥事が続きどん底状態だった相撲界の人気が、協会の努力や若手力士らの活躍で徐々に回復してきた頃、学生相撲の超エリートとして相撲界に現われ、あっという間に幕内まで駆け上がったのが遠藤でした。
おまけにイケメン。人気が出ないはずがありません。

まだ入門したばかりの遠藤は、
「相撲人気復活の象徴」「相撲界次世代の旗頭」
マスコミにそんな存在として扱われるようになります。さすがにまだ時期尚早だと私も思いましたが、あの頃は日本人期待の若手登場に相撲ファンは待ちきれない状態でした。

恐らく真面目な性格なのでしょう。本人の意志とは関係なく作られたイメージに浮かれることもなく、それに反発するわけでもなく、ただ必死に土俵を務めてきました。膝の大怪我の際も休まずに出場しました。
周りが勝手に背負わせた宿命がそうさせたのかもしれません。
大声援も時に残酷さを感じました。

その後同じように学生エリートでデビューした御嶽海は、相撲人気が高まる中、同世代の若手達と切磋琢磨しのびのびと大きな怪我もなく三役まできています。

こうして見ると、遠藤は出てきた時代が早すぎた悲運の力士なのでしょうか?
私はそうは思いません。相撲人気のV字回復に、遠藤は間違いなく大きな貢献をしています。彼があのタイミングで登場してくれたのもまた運命であり、宿命だと思っています。

本当に綺麗で正攻法な相撲をとる、美しいお相撲さんだと思います。
白いものも身体に付けず所作も綺麗です。インタビューでの受け答えに往年の力士らしい不器用さを感じるところも、彼の魅力の一つです。
再び不祥事が続く相撲界ですが、今回は遠藤一人に背負わせる必要はなくなりました。期待の若手も沢山います。膝も少しは良くなったのでしょうか?
ここから先は自分のために土俵に上がって欲しいと思います。
上は空いてますよ。
さあ、初日は鶴竜!

最新情報をチェックしよう!
広告