今ひとたびの朝青龍【嗚呼朝青龍!震技体】

大相撲史上、これまで数多の強豪横綱が時代を作ってきました。
69連勝や後の先など、双葉山は今なお相撲界で伝説となってます。
戦後の高度成長を彩った手に汗握る栃若の攻防戦。
巨人大鵬卵焼きと言われた国民的英雄大鵬。
一方で憎らしいほど強いと言われた史上最年少横綱の北の湖。
昭和末期の相撲界を席巻した小さな大横綱千代の富士。
平成の大横綱貴乃花伝説の一番は今なお語り草です。
これまで様々な横綱が時代を築いてきた相撲界。
現在の土俵に目を向ければ白鵬が10年以上君臨しており、
様々な記録を更新し続けています。

コメントも優等生コメントが多い白鵬ですが、一方で立ち合いの張り差しや、
しばしば見せるダメ押しなど「黒い白鵬」と言われ批判が多いのも事実です。
そんな両面を持つ白鵬を見て複雑な心情、何か中途半端感を感じているファンもいるのではないでしょうか。
「あの男」のように振り切って欲しい、ジャイアンはジャイアンの魅力がある。そんな時代を懐かしく思っている人も案外多いのではないでしょうか?

史上唯一の年間6場所制覇
20年以上破られなかった年間最多勝を更新
7連覇達成
優勝25回(当時歴代3位)

そう、ジャイアン朝青龍です。

常に自分の感情のままガッツポーズ!
相手がどうであれスイッチが入ればメンチは切る。
嬉しかろうが悔しかろうとにかく感情のまま叫ぶ。
相手への敬意云々でなく悔しい時は土俵だろうがどこだろうが悔しがる・・・。
「心技体の心が足りない」
何度そう言われても、治らない物は仕方ない。
常に相撲界を震撼させる「震技体」。
引退もある意味朝青龍らしい最後。
それでも相撲への愛情は人一倍で、
最後は土俵にキスして花道を去って行きました。

まさに「黒でもないし白でもないし、俺は青」
と言わんばかりの俺様横綱朝青龍。

当時は「横綱としてどうなのか??」と言われ続けましたが、
10年以上たって思うと実に人間的で愛すべき横綱だったとのではないかと、
懐かく思っている人も多いのではないでしょうか?

今も桟敷席に朝青龍が来ると大きな歓声があがります。
そして朝青龍もまた現役時代同様、笑顔で手を振って応えています。
私も大関時代にサインをもらったことがありますが、
「いいよー」というような感じで気さくに応じてくれ、
当初思い描いていた怖いイメージと全く違いました。

twitterでもしばしば相撲界についてや日本を愛するコメントをしており、
メディアにも時々顔を見せています。
嗚呼朝青龍、いつかの日かNHK相撲中継のゲストに登場して欲しい。
今日はここまで、次回も引き続き朝青龍について書きたいと思います。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
最新情報をチェックしよう!