ウルフの残したもの【千代の富士が残した功績】

九重親方(千代の富士)が逝かれて一週間近くがたちました。
実力人気共に全国区だったため、それなりにTVなどワイドショーでも報道されてはいますが、都知事選やオリンピックが近いせいもあってか公民栄誉賞横綱としてはやや物足りない世間の反応のような気もします。
もう少し報道特番などやって欲しい気もするのですが・・・。
気をもむ毎日ですが気を取り直し、前回書いた通りに今回は「九重親方の功績」について語ります。

千代の富士、親方としての功績

昭和三大横綱中郡を抜く親方としての功績

「歴代の横綱が取り組んだら誰が最強か?」好角家達がよく行う論争です。

時代背景もあるので何とも言えないですが、大鵬・北の湖・千代の富士の

昭和三大横綱を並べ、改めて親方としての実績を見た時、九重親方(千代の富士)

の実績は群を抜いているのではないでしょうか?

大鵬親方は病気の影響もありましたが、巨砲の関脇が最高位、嗣子鵬がしばらく

幕内にいたものの他に幕内定着力士は現われませんでした(十両は多数)。

一方の雄北の湖親方は、巌雄(山響親方)の前頭筆頭が最高位(臥牙丸は除く)で、

北大樹、北桜はおりますが正直役者不足は否めません。

それに比べ九重親方は、最高位は大関の千代大海で幕内最高優勝も3回。

三役力士も千代天山、千代大龍、千代鳳。 ※巴富士は除く

幕内力士に至っては片手では足りず、昭和三大横綱をこと弟子育成で比べると、

圧倒的に千代の富士に軍配が上がります。

自ら築いた千代の富士部屋

北の富士から九重部屋を継承したようにはなっていますが、

継承時のいざこざにより、実質的に北の富士時代の九重部屋は八角部屋へと

変わり、千代の富士は九重部屋という名前だけを継承した形になりました。

建物だけでなく、タニマチや部屋付き親方も八角部屋へと移動していき、

千代の富士の九重部屋はまさにゼロからのスタート。

当時ロンリーウルフと書いていた記事もあったほどです。

しかし千代の富士は現役時代同様ここでも実績を残し、気が付けば九重部屋は

多くの有望力士や、跡継ぎにも恵まれた理想的な部屋へと変貌しました。

引退時「自分で終わって欲しくないから」

という理由で一代年寄を辞退した千代の富士

その九重魂は確実に継承され、千代の富士道場・千代魂としてずっと続きます…

最新情報をチェックしよう!
広告