横綱物語
AUTHOR

横綱物語

「横綱物語」へアクセスありがとうございます。 10代の頃に相撲に目覚め、自他共に認める相撲好き。 相撲の3要素「文化」「歴史」「観戦」を深めながら、今日も日々鍛錬中・・・。一番困る質問は、「誰が好き?」 全ての要素込みで相撲が好きなんで。貴乃花親方を崇拝しています。何でかはいずれ・・・ あぁ吾輩も力士になりたかったw そんな相撲ブログ「横綱物語」。スーファミのソフトの横綱物語とは関係ないです・・・暗黒時代を抜けて人気の出てきた大相撲。このブログで少しでもプラスαの情報発信できれば嬉しいです。

  • 2021年5月1日

年寄名跡ってなに?【年寄株の仕組みを語る】

前回一代年寄りについて書きましたが、今回はそもそもの「年寄名跡」についてわかりやすく説明をしてみたいと思います。 力士引退に関わる年寄名跡と読み方 独特な文化の多い相撲界は引退のシーンにおいてもこれまた独特。野球やサッカーなどスポーツ界においては選手が現役を退く際は「引退」となりますが、相撲界におい […]

  • 2021年4月27日

白鵬と一代年寄

「一代年寄が今後はもうなくなる」 「白鵬の一代年寄襲名はなくなった」 先日一部ネットニュースにおいて一代年寄についてこのような報道がありました。なんだか小難しい記事が多かったので、今回はこの件について簡単にまとめつつ、個人的な意見も書かせてもらいたいと思います。 一代年寄とは まずそもそもこの一代年 […]

  • 2021年4月18日

名力士を語る-90年代のエンタテナー朝乃若-

 現在はウィキペディアなどで力士の経歴を簡単に検索する事ができますが、実際にその当時の相撲ファンはどう感じていたのか?このカテゴリーでは、私がリアルタイムでその力士について感じていたこと、抱いていた印象などを書き留めて行きたいと思っています。今回は、先場所の高見盛物言い間違い事件で、笑いす […]

  • 2021年3月26日

鶴竜お疲れ様でした

引退に向けた圧力が強かったので場所後くらいに発表するのか?と思っていましたが、まさかの場所中発表でした。場所前にも書きましたが、横綱の引退は本人が決断することだと思っていますのでこの引退に関して賛否はないですが、土俵で散れなかった横綱の去り際がなんとも寂しい感じはします。東京開催の春場所が終盤戦に入 […]

  • 2021年3月23日

荒磯部屋はいつどこにできるのか?-荒磯親方の改革-

その活躍は大相撲中継の解説や親方チャンネルだけに止まらず、テレビ番組のゲストとしてもいい声と素晴らしい語りを披露している荒磯親方。現役時代の稀勢の里を見ているファンとしては、全くの別人として映っている人も大勢いることでしょう。そんな稀勢の里こと荒磯親方ですが、荒磯部屋設立の噂があるものの、具体的な場 […]

  • 2021年3月14日

間垣親方と豊ノ島の関係は?

白鵬が間垣名跡を取得? 「白鵬が間垣名跡(以後間垣親方と表記)の取得準備へ。」春場所直前意外なニュースがありました。簡単に言うと、白鵬が年寄名跡「間垣」取得へ向けて調整を進めているようなのです。 ※以下「名跡」ではなく「年寄株」と表記します。 間垣と言う年寄株の話にも関わらず、ネット上では、豊ノ島や […]

  • 2021年3月13日

【鶴竜の春場所休場】と【横綱の連続休場】について

鶴竜ここでまさかの休場 初場所を腰痛のために休場し、春場所進退をかけての出場予定だった鶴竜ですが、場所前の稽古で左足を負傷して休場することが発表されました。11月場所後に横審から「注意」を受けてからこれで2場所続けての休場。すでに師匠である陸奥親方との話し合いは行われており、鶴竜が現役を希望している […]

  • 2021年3月1日

時津風部屋と時津海

初場所後から色々と世間を賑わせている時津風部屋。今回は当事者の時津海だけでなく、時津風部屋の歴史や、これまでの出来事を正確に振り返ってみたいと思います。 時津風部屋の歴史 双葉山の名は今なお生き続ける 時津風部屋が語られる時、ほとんどの場合「名門時津風部屋」と表現されることが多い印象を受けますが、正 […]

  • 2021年2月4日

イケメン力士の現在地 一木、北の若、頂

いつの時代もイケメンが注目されるのは世の常で、このブログでも「イケメン力士」のカテゴリーの記事は毎月コンスタントにアクセスされています。今回は以前書かせて頂いた「幕下以下の気になるイケメン力士」達の現在地を見てみたいと思います。 幕下以下の気になるイケメン力士 一木隆治 出身:佐賀県唐津市所属:玉ノ […]

  • 2021年1月28日

【努力は必ず報われる】貴健斗新十両昇進

2014年の初土俵から7年。 令和3年初場所11日目、貴健斗がついに新十両昇進を決めました。 十両昇進待ったなし西幕下筆頭で迎えた今場所でしたが、コロナウィルスの影響における休場力士が多く、十両では異例の初日から9名の力士が休場。休場力士の番付は据え置きになるだろうと予想されていたので、通常の場所よ […]