CATEGORY

稀勢の里

  • 2016年9月2日

命を懸けた土俵【稀勢の里はいつも命がけ。正々堂々綱取りに挑む!】

一番一番命がけの取り組み・・・ とはいうものの、実際は15日間あるので、 気の抜けた相撲や、あっさりと終わる相撲が多いのも事実。 そんな中、個人的に命がけの土俵を感じるのが、 「稀勢の里の土俵への想い」 彼に対しては、日ごろから厳しいことを書いているが、 土俵に向かう必死さは現役中誰にも負けていない […]

  • 2016年7月29日

横審あまいぞ、相撲協会もあまいぞ【日本人横綱が欲しいのは分かるが、感情的昇進は悲劇でしかない。】

今年に入ってから・・・いやもう10年くらい。 ずっと期待され続けてきた稀の里。 本当に侍のオーラを身にまとい、命がけで戦っている。 立派だと思うし、応援している人も全国に沢山いるだろう。 日本人横綱の誕生(日本生まれとか最近ややこしいのであえてこう言います。) を願うマスコミの気持ちもわかります。 […]