鳥取の夜が悔やまれる【貴ノ岩断髪式】

2月2日貴ノ岩の断髪式行って参りました。

突然の引退で準備が難しかったとはいえ、
断髪式への参加者中、希望者全員が鋏を入れられるという
非常に珍しい今回の形式。

断髪式にはこれまで何度か足を運びましたが、
今回の貴ノ岩の断髪式は、非常に距離の近い
アットホーム(失礼かもしれませんが)な断髪式だったと思います。

貴ノ岩義司

長年貴乃花を応援してきた身としては、
感謝しかありません。

2003年1月
平成の大横綱貴乃花が引退し貴乃花親方になりました。
父である初代貴ノ花から二子山部屋を受け継ぎましたが、
最盛期50名超えを誇った部屋も関取が不在になり、
新たな関取が出ない部屋に対して、
週刊誌には親方失格のように書かれた時期もありました。

そんな中、見事に子飼い第一号の関取として結果を残し、
下の力士を引き揚げた貴ノ岩こそ
貴乃花部屋の大功労者だと私は今も思っています。

貴景勝の相撲に対する姿勢や精神面などは、
貴乃花そのものだと思います。
しかし、貴乃花の綺麗な四つ相撲は
間違いなく貴ノ岩に継承されています。

もしも何もなく貴ノ岩が引退していたら、
貴乃花部屋を継承していたのは貴ノ岩だったのでは
ないでしょうか?

2017年10月26日の鳥取事件以降、
貴ノ岩の周りは騒がしく、
相撲に集中出来ない日の方が多かったでしょう。

もし貴ノ岩が別の部屋に所属していたら、
別の親方の元にいれば、騒動が大きくならずに今も現役を続けていたかもしれません。

貴ノ岩のファンの中には、貴乃花の行動に対して
不満を持つ方も少なくないかもしれません。

色々と見解はあるかもしれませんが、厳しい貴乃花の教えに脱落者が出る中、諦めずに付いていき、その教えが正しかったことを証明した貴ノ岩もまた、
真の侍だったと信じています。

私の心残りはあの美しい四つ相撲を見れなくなることです。

本当にお疲れ様でした。

貴景勝、あの場面で「3月9日」歌うのは反則です。

土俵に上がるのは緊張します
断髪式序盤を見守る千賀ノ浦親方
最新情報をチェックしよう!
広告