SNS問題【阿炎らしく】

九州場所前の阿炎と若元春のSNSが発端となった今回のSNS騒動。
何をいまさら・・・というのが個人的な感想です。

相撲界では SNSの取り扱いらしきものを2月の協会員研修でやるらしく、
それまでは自粛ではなく「禁止」にするらしいです。

いやいや、やるのであればもっと早くやるべきだったのでは?
これだけ若い子が集まっている世界です。
こんなことが起こるのは予想出来たと思うのですが?
もっと敏感でなければいけなかったのは、
親代わりでもある親方や協会だったような気がします。
現段階では、今後協会内や相撲界におけるSNSの存在や
使用方法がどうなるのかは分かりませんが、早めの再開を願っています。
かつて、相撲の情報を得るにはテレビや新聞の小さな記事。
もっと知りたいファンは毎月発行される相撲雑誌を購入していました。
しかしそこで大きく取り上げられるのは幕内上位陣。
幕内や十両はまだしも、幕下以下に贔屓がいるファンにとっては、
大銀杏が待っているや、相撲部屋便りのようなコーナーにおいて
その力士が取り上げられるのを待つしかありませんでした。

「部屋で合宿や旅行に行った」「最近部屋で流行ってること」
少し遅れて届く情報に胸躍らせたものです。

そこに現れたSNS。
力士や相撲部屋をより近く感じることが出来るツールとして、
低迷していた相撲人気復活の一翼を担ったと言っても
過言ではないような気がします。
特に若い女性達にとって相撲の敷居を下げてくれた功績は大きいと
勝手に思っています。

個々が出す情報なので、良し悪しがあるのも分かります。
不快になってしますケースもあるかもしれません。
しかし全てが悪いというような反省会ではなく、
今後さらに相撲界を身近に感じてもらえるよう
改めての戦略の場にしてはいかがでしょうか?
協会も公式twiiterをやっています。
全員で今一度広報について考えて下さい。
(偉そうですが)

阿炎はやりすぎを反省しつつも、
引き続き「阿炎らしく」頑張って欲しいと思います。

異論反論あるかもしれませんが、
力士らしいポジションには稀勢の里がいて、
現在は貴景勝らがしっかりと引き継いでいます。
それぞれのポジションをとる力士がいてこそ、
相撲界は盛り上がるものです。

相撲ファンには反省を促す人もいますが、
阿炎ちゃんファンは力士らしく君を見てきっと心痛めているぞ。
力士らしくやっても勝ち越せるのは分かったから、
初場所は自分らしく頑張れ!

ほどほどに笑

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
最新情報をチェックしよう!

一言いいたいその他の記事