横綱【曙というパイオニアの存在】

今回ご紹介するのは、

第64代横綱曙太朗氏が書いた

「横綱」

そのまんまのタイトルですね。
「曙」と「横綱」のキーワードですので、
ネットで探すのが大変な一冊です(笑)

現在と同じく相撲人気が高かった曙貴時代・若貴フィーバーの頃、
当然相撲関連の特番や出版物も多かったですが、
曙や若乃花、貴乃花といった力士達は
現役時代土俵外での交わりがほとんどなく、
お互いの存在や本心について語ることがありませんでした。
そんな中、引退直後に発行された一冊。
まだ生々しい話も多く、非常に興味のある内容でした。
(若乃花も「独白」という本を発行していましたが、
曙側の話は聞く機会も少ないですし。)

現役時代はどちらかというと、ヒール役の曙でしたが、
「横綱」という日本人にとっても、圧倒的伝統かつ無形の存在に対し、
理解をするために懸命に考え、耳を貸す青年曙の姿には心を打たれます。

高見山が切り開き、小錦が道を作った上を自分は歩いたと発言している曙。
しかし、たとえ相撲界の功労者2人が切り開いた道であったとしても、
異国の地からやって来た力士が「横綱」を絞めることに対しては、
当時の日本人にとっては違和感があったはずです。
そしてそれは小錦問題において証明されています。

曙太朗という横綱が存在したからこそ、
いや、彼が懸命に横綱を理解しようと努力し振舞ったからこそ、
外国人横綱に対してのアレルギーが少しは抜けたはずなのです。

現在でも外国出身力士には、中々日本人の心や、
まして「横綱というものは理解出来ないと言われています。

当時の裏話で楽しめる一冊ですが、
一方で日本人力士や外国人力士、そして横綱。
考えさせられる一冊でもあります。

若貴時代から相撲に入った方にはぜひ読んで欲しい一冊です。

楽天の関係者ではないですが、リンク張っておきます笑
https://books.rakuten.co.jp/rb/9889275/

最新情報をチェックしよう!