横綱物語

10代の頃に相撲の魅力に取り付かれ、何だかんだ言ってるうちに

気がつくと相撲ファン歴が30年近くになりました。

いつも聞かれて一番困る質問

「どの力士が好きか?」

これは困ります。

私が相撲を好きな最大の理由は、「文化」と「歴史」だからです。

普段気にしていない何気なく使われている物や、

日常的に行われている所作に意味や歴史がある、

相撲界のそんな所を愛してやみません。

そして元々歴史が好きなので、相撲の歴史や過去の名力士達を学びました。

好角家歴の長い諸先輩方もいると思うので偉そうなことは言えないですが、

あらゆる世代との会話を楽しめる自信があります。

ちなみに祖父は生で双葉山を後楽園場所で見たと言う強者で、

幼い頃は玉錦のファンだったそうです。一番古い好角家仲間笑。

相撲の歴史と相撲の文化と相撲観戦

相撲の楽しみ3要素です。

「歴史」と「文化」を学び続けて知識を増やすことで、観戦時に深みが出ます。

仲間が増えます。「観戦」を続けることで、次々と楽しみが増え、

新しいドラマを見ることができます。

私もこの3つ要素をバランスよく育み気がつけば【相撲オタク】になりました。

相撲ファンとして一区切りの25年目を前に

相撲ブログ横綱物語

を始めました。

昔から相撲が好きな方。最近ちょっと気になってる方。

全く知らない方。色々な方に少しでも興味を持って頂ければ幸いです。

もっと長い諸先輩も沢山いると思いますので、

「そんなこと知ってるわ」ということもご容赦下さい。

※ちなみに文中での関取への敬称は(「○○関」)、

文章が煩わしくなってしまうので、省略させて頂いてます。

親方や引退後の力士も、現役時代の四股名は同じく省略させて頂きます。

それではお付き合いのほどよろしくお願いします。

最新情報をチェックしよう!
広告

未分類その他の記事