静かなる復活【竜電がついに関取復帰。出世物語第二章はあの九州から始まる】

ついに帰って来ますよ、あの男が・・・。長かったですね。

秋場所は、幕下山口や序の口舛ノ山復活にスポットが当たりましたが、

彼にとってもチャンスの場所でした。

そう、竜電が十両の土俵に戻って来るのです!

伝説の藤島部屋猛稽古の礎を築いた師匠の厳しい指導と、

実直で真面目な人柄で早くから期待されており、

その期待通り史上3番目の速さで幕下に昇進。

多少足踏みをしましたが、十両昇進も果たし

周囲も今後の活躍を疑いませんでした・・・。

しかし、新十両の場所で右股関節を怪我してまさかの休場。

その後連続休場でついには序ノ口まで陥落しました。
当時は番付外に落ちぬよう、一番だけ出場してすぐに休場するなど、
何とか番付に踏みとどまるのが精一杯の時期もありました。

その間、弟弟子の輝が関取昇進。

かっての期待の力士は、主役の座を奪われました。

関取経験者が大きく番付を落とした場合、

幕下までは早めに戻れるケースが多いのですが、

幕下を突破するのが難しいそうです。

一度上がっているだけに、その難しさがわかってしまい、

志半ばで引退するという話を誰かが前に話していました。

本当に良く腐らなかったと思います。

復活は奇しくも怪我をした九州場所です。

さあ、第二章の始まりです!

高田川部屋のHP、竜電の写真は羽織袴姿を

差し替えずに使っていました。

無言のエールだったのかもしれないですね。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
広告

一言いいたいその他の記事