CATEGORY

貴乃花部屋

  • 2021年7月27日

貴源治と貴ノ富士-時代が望まなかった双子力士-

既にご存じのことですが、名古屋場所中の今月17日に貴源治が大麻を使用しているとの情報が相撲協会に入り、場所後の19日に尿検査を受けたところ大麻陽性判定になったそうです。この結果に対して、貴源治本人も宿舎近くで大麻たばこを1本吸ったことを認めているそうなので、今後厳しい処分が科せられるのは間違いないと […]

  • 2020年11月30日

千賀ノ浦部屋から常盤山部屋へ-なぜ部屋が変わるのか?-

11月26日に千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)が年寄名跡「常盤山」を継承・襲名して、常盤山親方(元関脇舛田山)が年寄名跡「千賀ノ浦」を継承・襲名することが理事会で承認されたそうです。それにともない千賀ノ浦部屋は常磐山部屋に変更となりました。 先日このニュースが発表されました。年寄名跡をなぜ変えるのか?部 […]

  • 2019年10月14日

試練の先へ【貴景勝未来に向かって】

それにしても相撲の神様は彼に次々に試練を与えるようです。 自らの名に刻まれた師匠との決別、部屋の閉鎖。 貴景勝はそれを乗り越え、初優勝という結果で応えました。 その直後、今度は入門時から鍛え上げてくれた貴ノ岩との別れがありました。 貴景勝は恩人を追い抜き、大関昇進という結果で 彼らが歩んだ相撲道が間 […]

  • 2019年9月27日

あの人の意見は?【貴ノ富士暴行問題に想う】

非常に残念ですが書かなければいけないですね。 貴ノ富士問題。 いつものようにマスコミや維新力さん達が話をぐちゃぐちゃにしてくれているので、 よくわからない状態になっています。 そんな訳で私自身も整理するつもりで、一つずつ書いていきたいと思います。 まずは貴ノ富士。 辞めさせないで欲しいというのが正直 […]

  • 2018年11月26日

“貴”を受け継ぐ漢【貴景勝初優勝おめでとう】

貴乃花親方突然の退職と部屋の閉鎖。住み慣れた部屋からの引っ越し後、落ち着く間もなく九州へ。 旧貴乃花部屋の力士達にとっては、色々な意味で今場所は特別な場所だったと思います。そんな中、象徴である幕内最年少の部屋頭、見事にやりました。派手さはありませんが頑なに自身の相撲に拘り、よく前に出ていたと思います […]

  • 2018年10月3日

拝啓 貴乃花光司様【その日がくるまでは・・・】

拝啓貴乃花光司様 現役で約15年、親方として約15年。まずはお疲れ様でした。 昭和の大横綱に引き際の花道を作った貴方は、いつしか平成の大横綱と呼ばれるようになりました。 江戸時代までさかのぼり、相撲の歴史や力士を調べたのも、いつの間にか相撲マニアと呼ばれるようになったのも、みんな貴方の作った「平成の […]

  • 2018年9月26日

史上最高の横綱「第65代横綱貴乃花光司」

好角家の中でいつの時代も議論になる話題。 「歴代最強力士は誰か?」 「歴代で最強の横綱は誰か?」 これは正直わかりません。その時代の対戦相手や合い口、部屋ごとのパワーバランス。そして何よりリアルタイムで感じた強さなどは、数字で測れない重要な部分。それぞれの最強力士と、その残像が瞼に残っているはずです […]

  • 2018年6月8日

相撲界一門ってなに?

「貴乃花一門」が「阿武松一門」に変更になったとyahooトップに 記事が出ていましたが、殆どの方は「何がどう変わったのか?」 そして「どう違うのか?」と思われたことでしょう。 相撲界に昔からある「一門」という制度。 最近耳にするのは理事選の時にくらいですが・・・ そもそも相撲界の一門って何でしょう? […]

  • 2018年5月27日

貴乃花部屋千秋楽パーティー 2018年夏場所

2018年夏場所千秋楽 日時:2018年5月27日(日) 場所:帝国ホテル 参加関取:貴景勝、貴ノ岩、貴源治 2場所続けて負け越し、 番付を落としていた貴景勝が10勝。 一連の騒動後復帰2場所目の貴ノ岩、 十両では実力が違い11勝。 十両に定着し始めた貴源治、 一年前の雪辱を晴らすような初の10勝。 […]

  • 2018年5月14日

21歳貴源治飛躍の年になるか?【Happy Birthday貴源治】

10代で関取昇進を果たし、 昨年初日にハタチを迎えた貴源治。 早いものであれから一年。一度は陥落したものの、再昇進後は関取に定着して、夏場所で4場所目をむかえます。一般的に見ると順調なのかもしれませんが、期待度からすると正直ちょっと物足りないですかね・・・。 21歳。比べると厳しいかもしれ […]