正代ついに初優勝!翔猿イケメン力士枠で全国デビューへ

両横綱不在で始まった秋場所。
幕尻の照ノ富士が感動の復活優勝した7月場所に続いて、今場所も千秋楽まで
優勝争い含めて盛り上がる場所になったのではないでしょうか?
個人的に秋場所を振り返ります。

ようやく主役になれた正代

今年に入ってから優勝戦線の盛り上げ役が続いた正代。
あと一歩で賜杯がスルリとこぼれ落ちてきましたが、ようやくと言った感じでしょうか?今場所は3日目あたりから正代推しの声がチラホラと聞こえていました。「今場所は強い」「優勝候補」「大関もあり得る」とは言うものの、個人的にはやっぱり準優勝で終わるかと思っていましたが、やり遂げましたね。立ち合いに攻められて上を向く正代ではなく、しっかりと踏み込んだ攻め正代に変貌を遂げていました。大関昇進に関してはまた別の機会に書きたいと思いますが、今場所は強かったです。別人のようでしたが、花道での涙と、そして最後の相撲が防戦に回ったところ辺りはやはり正代でした(笑)

「相撲って楽しいよ」が伝わる翔猿

場所前はもう一人の新入幕豊昇龍の影に隠れていたような印象でしたが、
今場所は翔猿らしさを100%出した素晴らしい相撲だったと思います。
最大の魅力はとにかく楽しそうに相撲を取っていることです。
イケメンぶりはもちろんですが、嬉しい、やり切った、悔しい、残念・・全ての感情がこちらにも伝わってくるので、秋場所を通して一気に翔猿ファンが増えたのではないでしょうか?巡業などでのファンサービスを積極的にしている力士なので、このタイミングで巡業など花相撲がないのが残念です。ちなみにお兄さんは英乃海。年は4歳年上です。浴衣に化粧まわしと猿の絵柄を使っているのがオシャレです。翔猿の相撲が技能相撲なのかはさておき、三賞2つ挙げて欲しかったです。

本人は納得してない準優勝貴景勝

12勝は大関になってからの最多勝。横綱不在の場所において最高位として、最後まで優勝を争い、結果の準優勝。周りは今場所の貴景勝を評価していますが、本人としては悔しいでしょう。14日目、千秋楽は意地を見せた2日間だったような気がします。ちなみに体重が増えているように見えるのは気のせいでしょうか?
何となく重そうな気がします。ある程度重さがないと突き押しの威力が落ちるのかもしれませんが・・・。

涼しげなイケメン力士若隆景

なんで三賞あげないのかなというのが率直な感想です。
先場所も二桁で三賞なし、今場所は番付を上げて優勝戦線に絡んでも三賞なし。
新入幕場所で怪我をしているので、実質新入幕扱いをして欲しかったです。
相撲も巧く髷の似合うイケメン力士。翔猿の影に隠れたしまった感はしますが、
今後更に人気が出るでしょう。

先場所の再現ならず逸ノ城

幕尻の今場所、先場所の照ノ富士の再現を予感するファンも多かったと思いますが、結果は千秋楽にギリ勝ち越し。がっかり感100%です。
体重を持て余しているような、見た目よりも軽くあしらわれているような、
数年前逸ノ城に夢を見た好角家達は今何を想うのか。

悩める大関朝乃山

出稽古がなく、部屋での稽古に制限されているからなのか?
勝ち急いだ結果の連敗スタートと、序盤戦はドタバタしていました。
星取表を見る限りでは、後半持ち直したように見えますが2つは不戦勝で、
一時期の勢いも陰ってきたように思えます。
朝乃山は勝つときは安定しているものの、その安定感が場所を通してかと聞かれるとまだ少し物足りなく、その少しが横綱と2度目の優勝への距離のような気がします。得意になれない時にどうするのか?多少厳しい状態でも得意の型にもっていけるようになるか?それとも無理な体勢でも勝機を見出すか?安定感があるだけに消化不良。

相撲勘と身体能力霧馬山

再出場しての勝ち越しは立派!
まだまだ身体は小さいですが、身体能力と相撲勘を感じさせてくれる、これからが楽しみな力士です。三役も確実でしょう。鶴竜にはもう少し頑張ってもらい、霧馬山を引き揚げて欲しい。

覚醒した突き押し隆の勝

突き押しの一人者貴景勝が同じ部屋に来たことで稽古相手に恵まれたか、正代に負けずと覚醒した隆の勝。地味ですが確実に強くなっています。
最高位の今場所、心配をよそに二桁勝利。この先コロナの影響でまだしばらく部屋での稽古が続いても、隆の勝の突き押しはまだまだパワーアップするはず。

悩める小兵炎鵬

頑張っているとは思いますが、相撲を覚えられてき多様に感じます。
冷静に正面に置かれると、体重差のハンデは埋められません。
今場所は止まらずに根こそぎもっていかれる相撲が目立ちました。
舞の海も優勝予想や横綱大関論評するなら、炎鵬に何かアドバイスしてあげて。

まだまだこれから豊昇龍

千秋楽での何とか勝ち越し。期待や注目からすると少し物足りない感じがするものの、7敗からの連勝勝ち越しや、土俵際での大逆転など後がないところからの身体能力と、勝ちに対する執念は叔父さん譲り。天空海も自力が上がってきており、部屋での稽古も十分な様子。いずれ角界の一大勢力になるだろう同世代のライバル達との出世争いが楽しみです。

まだまだ続けてほしい琴奨菊

厳しい結果になりましたが、来年九州で開催される本場所に現役で戻ってほしいと思うのでもう少し頑張ってほしいです。

「弟の分まで」美ノ海

何とか勝ち越しました。今後は弟の分も含めて長く元気に現役を続けて!

応援したくなる北播磨

北播磨が実直に稽古をしている力士だということ。真摯に土俵を務めている力士だということ。稀勢の里と相撲ファンはみんな知っています。同期の鳰の湖と共に再び戻ってくることを祈っています。

照ノ富士

もう忘れている人もいますが、正代に土を付けているのは照ノ富士です。
今場所も力強い相撲をとっていただけに休場は残念です。怪我大丈夫なのか?
三役復帰の来場所、すでに白鵬休場の噂も出ていますが、対横綱戦が見たい。

今週はいよいよ新大関が

3連敗から関取復帰を決めた常幸龍や、同じく関取復帰を決めた「筋肉の鎧を纏った宇良」。まだまだ書きたいことはありますが、本日はここまで。
さて、今週はいよいよ大関昇進が決まります。
口上の内容は?時津風親方は同席するか?とにかく水曜日を待ちましょう。

最新情報をチェックしよう!