CATEGORY

本場所

  • 2023年1月8日

大相撲初場所優勝するのは誰?-令和5年初場所-

令和5年初場所いよいよ初日 ついこの間新年を迎えたかと思っていたのですが、すでに1週間が経過して、気が付けば明日からいよいよ初場所が始まります。 昨年後半3場所は続けて平幕力士が優勝し、平幕同士の優勝決定戦もあったように、今の大相撲界は「荒れる」という言葉自体が使われないほどの戦国時代です。 昔から […]

  • 2022年11月29日

九州場所どうだった?-九州場所総括-

高安の単独トップで迎えた千秋楽、いよいよ念願の初優勝か?と思ったものの、初優勝を飾ったのは混戦を制した平幕の阿炎。 あっという間に令和4年九州場所が終わりました。 それぞれ推し力士の結果に悲喜こもごもの千秋楽になったと思いますが、場所全体を通して、個人的には非常に楽しく興奮した場所で満足しております […]

  • 2022年11月23日

豊昇龍と王鵬どっちが優勝する?

同級生と実力者の元大関 世間はサッカーW杯の開幕で盛り上がっていますが(以前ほどではないような気もしますが)、大相撲九州場所はここからいよいよ後半戦、佳境を迎えます。 11日目が終わったところで、、、 1敗:豊昇龍2敗:高安、王鵬 トップはただ一人1敗を守る関脇豊昇龍。11日目は御嶽海を破り、これで […]

  • 2022年11月3日

御嶽海は大関に戻れるのか?

大関完全陥落の危機 前回の記事で、九州場所の新番付においての注目力士を、何人かピックアップして思う事を書かせて頂いたのですが、上位陣であえて外したのが今回色々言いたい御嶽海です。 ここ数場所は、正代の連敗や危機一髪が何度かあったため、その陰に隠れていましたが、綱渡りで何とか大関を死守している正代に対 […]

  • 2022年11月2日

九州場所誰が優勝する??-九州場所番付発表-

いよいよ一年納め九州場所の番付発表がされました!今日は九州場所の番付を見ながら、ダラダラと綴っていきたいと思います。 新十両の狼雅と對馬洋 まず十両では、今場所の新十両二人に注目です。 ここ数年同じ部屋の平戸海の活躍に刺激されたのか?一気に上位の壁を突き破っての地元九州で見事な昇進を決めた對馬洋。佐 […]

  • 2022年10月4日

朝乃山はなぜ負けたのか?

朝乃山まさかの敗戦 復帰となった名古屋場所で三段目優勝を果たし、秋場所の番付けは幕下15枚目に昇進した朝乃山。 「幕下15枚目以内で全勝は優先的に十両昇進」という内規があるため、多くのファン達は秋場所の朝乃山に「全勝で幕下1場所通過での関取復帰」を信じ、早期での上位復帰を期待していました。 関取復帰 […]

  • 2022年9月30日

令和4年秋場所を振り替える

早いもので、やっと初日を迎えたと思っていた秋場所も、あっという間に千秋楽を迎え、気が付けば令和4年の本場所もあとは九州場所を残すのみとなりました。 というわけで、本日は個人的な観点のみで、秋場所幕内をさらっと振り返ってみたいと思います!! もはや年齢不詳玉鷲一郎27歳 コロナ関連での休場を余儀なくさ […]

  • 2022年9月23日

貴景勝の変化は悪かったのか?-貴景勝VS北勝富士-

秋場所12日目どよめく館内 令和4年秋場所12日目、初日からトップを走る西前頭8枚目の北勝富士が、埼玉栄高校の後輩である大関貴景勝と対戦しました。 ここ2日連敗しているとはいえ、今場所好調の北勝富士と、後輩とは言え大関として意地を見せたい貴景勝。 どちらも押し相撲力士であるため、館内は激しい突き押し […]

  • 2022年9月19日

北勝富士初優勝するか?-秋場所前半戦振り返り-

前回令和4年秋場所初日の観戦記を書かせて頂きましたが、早いものであれから1週間が経ち前半戦が終了しました。 幕内の優勝争いは全勝が平幕の北勝富士一人、それを一敗で同じく平幕の玉鷲が追う展開となっています。 上位陣は照ノ富士次第 もはや珍しいものではなくなってきた、 前半戦から上位陣の星が伸びず、早い […]

  • 2022年9月13日

令和4年秋場所初日観戦記

たまには本場所の観戦記のような物を書こうと、前回のブログの最後で書いたので、今回は「令和4年秋場所初日」を観戦した感想を書きたいと思います。 相撲(花相撲含む)がある時は勿論ですが、相撲がなくても両国に行く前日は、幾つになっても胸が高まりなかなか寝付けないものです。 そんなわけで、前日朝から予定が詰 […]