思い出の取組ベスト3 第2位【平成3年夏場所千代の富士VS貴花田。日本国中が見守った世紀の一番】

思い出の取組、今回ご紹介するのは第2位。誰もが知っている取組。

「1991年 夏場所 初日」

ここまで書けば日の浅い相撲ファンでもわかるでしょう。

そう、かの有名な「貴花田ー千代の富士戦」

相撲にあまり興味のない人でもあげそうな取組ですが、

個人的には色々と理由があります。

1つ目の理由。

「長い相撲の歴史でもこれだけドラマチックに、且つ綺麗な世代交代はなかった。」

一時代を築いた横綱にも必ず訪れる引退。しかし、当時力が衰えていたとは言えまだまだ強く第一人者だった横綱千代の富士に、歴史に残る速さで番付を駆け上がってきた、スター性抜群の次代のヒーローと言われた力士が真っ新な初日に挑戦。

取組内容も真っ向から押し出して勝利し、結果的に時代のバトンを渡され、

平成の相撲黄金期がスタートしました。

長い相撲の歴史の中で、世代交代の一番は何度もありましたが、これほどまでに

綺麗な形で挑戦者が勝利し、その後土俵に君臨。

一方で負けた王者が時代を託し土俵を去る。

そして後にも先にも一度きりの対戦。

これほどドラマチックな対戦はなかったのではないでしょうか?

千代の富士は、貴花田の父の先代の貴ノ花に新弟子時代から憧れていました。

(身体が大きくならないので、タバコを止めろと言われて禁煙したエピソードは有名です)

その貴ノ花は、千代の富士に敗れた事で引退し、時を経てその息子が

横綱初挑戦で引導を渡す。ドラマチックすぎる・・・

そして2つ目の理由。

自分が相撲ファンになるきっかけになった

前回ご紹介した1992年の春場所が、自分にとって

「普通のファンから脱却した場所、一番」であるならば、

こちらは「相撲ファンへのきっかけになった場場所、一番」でした。

この場所3日目、「千代の富士引退」のニュースで世間が大騒ぎになったのを見

ているうちに、周りのフィーバーと共に相撲に興味を持ち今日に至りました。

最後の理由

横綱への挑戦の模範的な姿である挑戦者貴花田

番付の下位力士が上位に挑戦する際は全力で真っ向勝負が望ましい姿です。

特に横綱挑戦などはもっての他で、勝つことよりも、とにかく力を最大限に出す

事が礼儀であり最低条件だと思っています。時々上位挑戦で、引いたり変化する

のを目にしたり、勝負の前に闘志を感じない一番もありますが、この時の貴花田

は本当に模範的な挑戦者でした。正面から思い切り当たり、左からおっつけて、

ただ前にでる!千代の富士が突き落とそうがただ我武者羅に前に出る。

取組後、花道を引き上げる千代の富士が一瞬笑った姿が印象的でした。

土俵の神様が、二人のヒーローを一瞬だけ交差させたそんな瞬間でした。

最新情報をチェックしよう!