思い出の取組【貴乃花と武蔵丸立場逆転】

今回は再び思い出の取組を紹介したいと思います。

以前、武蔵丸について書いた際に紹介した取り組みです。

最強の右四つか?【武蔵丸の凄さを知る】

平成11年九州場所千秋楽結びの一番

貴乃花×武蔵丸戦

貴乃花は、史上最年少優勝を果たした平成4年以降、

必ず年間1度は優勝を果たしてきました。

しかし平成11年はケガの影響もあり、横綱らしからぬ成績を残し、

自身始めて年間一度も優勝がないまま九州場所を迎えていました。

一方武蔵丸は、この年横綱昇進と優勝数3回を果たし、この九州場所では、

自身初の年間4回目の幕内最高優勝を狙おうかという充実期を迎えていました。

平成11年九州場所千秋楽結びの一番は、

そんな両横綱が、勝った方が優勝という相星決戦で激突した一番でした。

結果は、盤石な体勢になり、誰もが勝利を信じた貴乃花を

鮮やかに一回転させた武蔵丸の勝利。

徐々に変化してきた武蔵丸のスタイルが完成した、そんな一番でした。

敗れた後、土俵に腰かけうなだれる貴乃花の姿に、90年代の相撲が

終わりを告げた瞬間を感じずにいられませんでした。

貴乃花が負ける一番は、一気の押しや引きによるものが多かったのですが、

この取り組みは組んで盤石の形になってからまさかの投げ。

思い出の取組として紹介していますが、

「衝撃を受けた一番」

という方がしっくりくるような気もします。

武蔵丸の相撲は左四つから、右四つ→腕を返す相撲になり安定感がでました。

2000年代を迎え、盤石な相撲で貴乃花を圧倒する武蔵丸を見るたび、

もっと前に、この相撲に変えていたら平成の相撲史はどうなっていたか?

そんなことを考えたものです。

こちらがその取り組みです。※4分32秒からの一番です。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
最新情報をチェックしよう!