思い出の取組ベスト3 第1位【平成9年秋場所 貴乃花VS小錦。ぶつかり合うプライド】

思い出の取組ベスト3とご紹介させて頂いておりますが、

今回ご紹介させて頂く一番が、第1位という位置づけになります。

力士の皆さん懸命に土俵を務めているので、

順位というのはあまり付けたくはないのですが、

感動の一番と聞かれたら間違いなくこの一番を上げます。

『1997年 秋場所 貴乃花ー小錦戦』

たしか10日目か11日目ぐらいだったと記憶しています。

とにかくこの一番に関しては、自分が相撲ファンになったのち、

リアルタイムで見た取組の中では総合的に様々な要素があり一番の取組です。

状況を少し説明させて頂くと、当時の小錦は次の場所で引退する

最晩年ではありましたが、この場所は前頭2枚目で上位との対戦圏内。

膝の故障を始め、満身創痍の小錦ではありましたが、一度組んでしまえば、

まだまだ往年の巨体を生かした寄りの力は脅威でもありました。

しかし勝負の世界は過酷であり、わざわざ受け止めて正面から勝負する力士は

ほとんどいません。

初日が出ず、黒星が重なり続ける元大関小錦。

そんな中で迎えたのが今回ご紹介する横綱貴乃花戦

立ち合いから貴乃花は、小錦をがっちり正面から組み止めました。

がっぷり四つに組み土俵際まで一気に寄る小錦。堪える貴乃花。

ふと、かつて大関小錦が初挑戦してきた若武者貴花田を、正面からがっちりと

受け止めた光景を思い出しました。

時を経て絶頂期を迎えた横綱と、最晩年の元大関。

結果は、小錦が力強く寄り切ったあの日の再現はなく、

最後は土俵際で貴乃花が投げを打ち小錦は敗れました。

しかし非常に感動的な一番でした。

取り組み後、涙を拭う小錦。あの涙の意味は何だったのでしょうか?

かつての自分であれば、あのまま寄り切れたという悔しさなのか?

真っ向勝負を受けてくれた横綱への感謝の涙だったのか?

横綱目前までいった頃の小錦は少し近寄りがたくヒール色の強い力士でしたが、

大関陥落後はテレビでおどけたりと、親しみのあるキャラクターとして

お茶の間でも愛され、いつしか人々の記憶の中から横綱候補だった

かつての強い小錦は薄れていました。

しかしこの日の小錦は、

かつての大関としてプライドと最後の意地を見せてくれました。

一方受けて立った横綱貴乃花も「横綱相撲」とは何なのか?

ということを、語らずに相撲で示しました。

前回、千代の富士ー貴乃花戦をご紹介させて頂いた時に、

挑戦者としての姿勢を書いたと思いますが、

この一番は横綱としての姿勢を、貴乃花が見事に見せた一番でした。

最近言われる、「横綱」としての立合いや姿勢。

この一番を見たら細かい説明はいらないと思っています。

私自身の中で、貴乃花という力士への想い入れが、

さらに強くなったきっかけの一番でした。

横綱として、大関としての姿勢とプライド。

翌場所、小錦はその土俵人生に幕を下ろします。

しかし、最後までその馬力は衰えていませんでした。

以上、思い出の取組第1位をご紹介しました。

もちろんその他にも沢山ありますが、それは次の機会に。

最新情報をチェックしよう!