平成のおしん横綱誕生【隆の里に見せたかった、横綱稀勢の里】

いよいよ誕生しましたね、「新横綱稀勢の里」 
なかなか言い慣れない・・・「よこづな きせのさと」 
まぁ徐々になれるでしょう。 

www

15年の大願が成就したわけですが、唯一残念なのが、 
先々代鳴戸親方(隆の里)がこの場にいないことです。 

「第59代横綱隆の里 」 
若いファンは知らないかもしれませんが、 
まさに侍の様な力士で、侍の様な親方でした。 

同期の2代目若乃花が早い出世をする中、 
他の力士と馴れ合うことを嫌い、努力と猛稽古で 
30歳を超えてついに横綱に昇りつめました。 

千代の富士全盛期、彼の圧倒的な実力とセンスや 
スター性の前に、太刀打ちできる力士はおらず、 
独走を許していました。 

そんな中、唯一立ちはだかり、横綱昇進後の千代の富士に 
勝ち越していたのが隆の里でした。 
千代の富士との、千秋楽全勝決勝を制したのは語り草です。 

パフォーマンスなどのファンサービスはせず、 
勝つことにこだわり、常に孤独に相撲と向き合う。 
猛稽古で30歳を超えて横綱に昇進。 
当時の最強力士にたった一人で立ち向かう。 
そう、稀勢の里こそ、隆の里が育てた正真正銘の 
「2代目おしん横綱」です。 

親方も大関最後の場所は14勝1敗で優勝して横綱昇進。 
そして、新横綱の場所は、全勝優勝でした。 

そうなると2代目の春場所に期待ですね。 
とあまり期待すると・・・
来場所の話はまだ止めておきましょう。 

今日はこれで打ち止めです。 

最新情報をチェックしよう!