悪いのは誰だ?【稀勢の里新横綱優勝を汚したのは誰?】

さて、前回に続いて春場所の話です。
今回は稀勢の里のお話。
本当に精神力で相撲がとれる力士です。あの変色した腕でよくやったと思います。もはやプレッシャーに弱いと言われた姿はないですね。まぁよく指摘される腰が高い、脇が甘いのは今更仕方ないので、左からの攻めを徹底してこのままいけばいいんじゃないでしょうか。
しかし今回これだけ感動的な優勝だったにも関わらず、
何となく優勝に水を差す形になってしまっている感じは本当に残念です。
私個人としては、2つ責任があると思います。

まずはマスコミ報道。
新横綱誕生から何となく
「稀勢の里を応援しないといけない」
「新横綱優勝」
「モンゴル時代の終焉」
こんな雰囲気を作っていたと思います。
特に14日目以降、その空気は過剰になりました。
おかしいのは照ノ富士の怪我が判明し、
「モンゴルへ帰れ発言」が表にでた辺りから、
何となく知らん顔ムードになったこと。
そしてもう一つは、マナーを知らないファン。
そもそも神事である相撲にブーイングと罵声ってなに?
ため息なら分かりますが、ブーイングと罵声・・・

ずっと応援して、ようやく横綱になり怪我をおしての優勝。
にも拘わらず何だか微妙な空気になってしまった稀勢の里ファン。

ようやく2年前のリベンジを果たせるかという時に、
古傷だけでなく日本国中が敵になる意味不明な仕打ちを受けた照ノ富士ファン。

両力士をずっと応援してきたファン達が本当に気の毒です。
お互いにいがみ合う形になってしまったら相撲界の損失だと思いますが・・・。

照ノ富士は良くやりました。
来場所は綱取りになるかならないか騒いでますが、
2連続優勝すればいいだけの話です。それだけの力はあるはず。

そして何より稀勢の里は良く頑張りました。
先輩横綱達がこける中、横綱の責任を全うしました。
先代の魂を受け継ぎ、史上4人目の新横綱優勝は本当に立派な偉業です。

なんだか愚痴っぽくなりましたが、本日はこれで打ち止め。 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!