天皇賜杯【歴史が詰まった優勝トロフィー】

天皇賜杯

「てんのうしはい」と読みます。 優勝力士がもらえる有名なあれです。

徳勝龍も涙しましたが、相撲界にいる全力士があれを胸に抱く日を夢見て、

日々稽古に精進しています。

今日はその

「てんのうしはい」

についての話です。

ちなみに以前、武蔵丸?だったか小錦?が「エンペラーズカップ」と言ってるの

を何かで読んで違和感を感じたのを思い出しました(笑)

そもそも「賜杯」というのは、天皇から「賜った杯」の呼称ですが、

相撲の優勝賜杯も大正14年に、昭和天皇(当時皇太子)からの御下賜金で

作成したのがはじまりです。

この後、賜杯を優勝者に授与する所謂、優勝制度というものが、

正式に出来たわけです。

明治42年くらいから一応優勝制度はあったそうなのですが、

あくまで新聞社が、幕内最高成績者を表彰するという制度であり、

個人の優勝というのはここからスタートしたそうです。

そしてはじめて賜杯を抱いたのは当時の第一人者である横綱常の花

この賜杯、重さが約30㌔!

力士は普通に持っていますが結構重いんです。

この優勝賜杯は普段どこにあるのか?

優勝者は部屋に持って行くのか?

家にの所在なのですが・・・

①本場所中はエントランスに展示
②千秋楽に土俵上で授与される
③支度部屋で写真撮影
④協会に戻して保管

この繰り返しです。

本場所中、国技館エントランスに飾ってあるのを

ご覧になったり、撮影した方も多いでしょう。

優勝旗は、パレードで旗手を務める力士が持って、

部屋まで持ち帰る光景をよく見ますが、賜杯は持って帰りません。

たしかにあんな大きくて重い物持っていかないですよね。

ちなみによく知らないのですが、そもそも優勝賜杯を持って帰るのは禁止なんで

しょうか?以前武蔵丸?か誰か持って帰ったことがあったような・・・

そしてこの優勝賜杯には、

「優勝者以外の力士が賜杯に触れるとその力士は優勝出来ない」

そんなジンクス(こんなニュアンスの)があるそうです。

そういえば、先日解説だった鍋島親方(朝赤龍)が、

だから優勝出来なかったと言っていたのを思いだしました。

ちなみに優勝者には、ミニチュア版の賜杯が送られます。

九重部屋に並ぶ千代の富士のカップ群はまさに王者の証ですね。

1つくらい欲しいものです。

相撲に関わる物には、一つ一つ歴史的背景があります。

それがまた奥深さを演出して面白い。

とは言ったものの、最近の表彰式で一番気になるのはデカマカロンです。

部屋の力士みんなで食べているのでしょうか??

最新情報をチェックしよう!