祖父と双葉山

先日何かのタイミングで、
「双葉山を生で見たことがある人がどれくらいいるのか?」
という話題になったのですが、その時祖父に得意げに言われたのが
「俺は見たことあるよ」というセリフ。知ってはいたものの羨ましい。

そこで改めて考えてみました。

双葉山を生で見たことがある人。

もっと限定すると横綱双葉山の現役時代を見たことがある人。
(若手時代ではなく前人未踏の連勝記録を達成した後)
ここまで限定すると、どれくらいの人が存命してるのでしょうか?

双葉山が横綱として在位していたのは、連勝を継続して昇進した昭和13年から昭和20年6月まで(休場した昭和20年11月と引退相撲は除く)。
最後に本場所に上がったのが75年前。本場所を観戦していたとしても、
あまりに幼い頃であれば覚えていないはずです。観戦年齢を小学校高学年と仮定すると11~12歳。まだ存命中の方であれば86歳以上。

長寿大国日本のお年寄りの数を考えると、まだまだいるような気がする反面、
本場所が年2回でかつ開催日も少なかった当時、チャンスの数を考えると案外少ないかもしれません。

しかしその数が多い少ないを除いても双葉山の現役を見たという経験が、相撲ファンからすれば貴重な物であることに変わりはありません。

ちなみにいつ頃どこで観戦したのか?? (祖父は耳が遠い以外は元気です。)
確認したところ、戦争の影響で国技館ではなく後楽園球場での観戦で、
真ん中に土俵があって凄い人だったそうです。
20歳を超えていた頃なのでしっかりと覚えているそうです。

そう言えば昔後楽園球場で開催した場所が何場所かあったなと思いとりあえず調べてみたところ、たしかに昭和19年の5月と9月に開催しています。観客数が凄かったようで日曜日には8万人が訪れたみたいです。祖父の年齢からするとその頃は21歳。寒かったという話はしていなかったので、以上の情報から恐らく昭和19年5月場所かと。双葉山も羽黒山も勝ったと言ってましたが、この場所は羽黒山が全勝優勝しています。

席が遠かったのと柱があったのではっきりと見えなかったそうですが、
双葉山が思ったよりも大きくなかったことなどを話してくれました。
羽黒山についても話していたのですが、筋肉が凄くて大きく感じたそうです。羽黒山という力士は双葉山の影に隠れてあまりメディア等でも情報を見ないので、以前羽黒山のこの話を聞いたときは生々しい感じがして興奮した記憶があります。そんな水戸生まれの祖父が小さい頃に好きだった力士は玉錦。茨城出身の鹿島洋も好きだったそうです。もちろん郷土の英雄常陸山も知っています。

栃若時代の四つ相撲、柏戸の漢っぽい相撲、輪湖時代の攻防を懐かしがる一方で、最近の淡白な引き技に苦言を呈しています。

早くコロナが落ち着きまた一緒に観戦できるのを楽しみにしています。

 

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
最新情報をチェックしよう!