イケメン力士③【寺尾、旭豊、隆乃若と無難な名前が並んだか?】

シリーズで書かせて頂いております「イケメン力士」3回目の今回は・・

「私が現役時代を見ているイケメン力士」

今回はその中からご紹介したいと思います。

現役時代を見ているイケメン力士

寺尾常史

出ましたイケメン力士の代名詞!

相撲界史上最高のイケメン力士

とよく言われていますが、古くからの相撲ファンは口を揃えて言います。

「寺尾はイケメンだった」と。

とにかく現役時代は「イケメン力士=寺尾」のような感じでした。

お父さんが人気力士で、兄弟も関取というサラブレッドの家系と話題性、

鼻が高く綺麗な顔立ちと、細身で均整のとれた身体。

そして気風のいい相撲ぶり。まさにイケメン力士オブイケメン力士

人気の出ないはずがありません・・・。

個人的には、貴花田との初対戦で敗れた際、

悔しくてサガリを叩きつけた姿が印象的でした。

意外に気性が激しいんだなと・・・。

ついでに言うと、弟子の豊真将もイケメン力士として人気がありました。

旭豊勝照

そのイケメンぶりは幕下の頃から有名でした。

松平健さんに似ている和装が似合う顔。

幕内昇進後、着流しに傘を差している姿には思わず見とれたものです。

何とまあイケメンだこと・・・

最高位が小結止まりというのもハラハラ感があってまた良かったです。

圧倒的に強い、千代の富士のようなイケメン力士もいいですが、

勝ったり負けたりのイケメン力士に女性達はヤキモキするものです。

引退後は当時の立浪部屋の娘と結婚し部屋を継承。

が、指導の問題などで、先代とうまくいかず一年で離婚。

当時、当代になったにも関わらず口出しされて可哀想だなと

思って見ていましたが、今は旧立浪部屋の建物からも出ていき、

新生立浪部屋としてスタートしています。(新たにもらった奥様も美人で美男美女です。)

ちなみに現役時代は「角界の松平健」と呼ばれていましたが、

現在のニックネームは

イケメン親方

と呼ばれてるみたいですね。

イケメン力士からイケメン親方。まさにイケメン力士の王道!

隆乃若勇紀

イケメンという贔屓を排しても、怪我さえなければ若の里と共に

十分大関を狙えた力士だったと思っています。

均整のとれた身体と、二枚目の顔立ち。

プロ野球選手だった父から受継いだ抜群の運動神経。

おまけに頭も良かったそうです。

これだけあればモテたと思いますが、誘惑にも乗らず、

あの鳴戸部屋の猛稽古についていった根性もまた凄いです。

相撲人気に陰りが出てきた頃に全盛期を迎えた印象の力士だったので、

今であればスー女人気は間違いなくNo1でしょう。

スマートで涼し気な綺麗なお相撲さんでした。

引退後は協会には残らず、マルチに活躍されている隆ノ若さん、

引退後は細くなりイケメン力士からイケメンになっています。

濱ノ嶋啓志

イケメン力士ですが、もっと細かくジャンルを分けると

歌舞伎役者のような「和」が似合う美男子でした。

出待ちをしている時実物にお会いして、

「うわ!カッコイイ」と写真をお願いした思い出があります。

番傘と着流し・・・お相撲さんイケてる要素テンコ盛り。

相撲も前褌をとって横から攻める、個人的に好きなスタイルだったので、

余計にカッコよく映りました。

引退後、一時部屋が栄えたものの、親方としての手腕が疑問視されるなど、

現在はちょっと下降気味でしょうか・・・??

ぜひ親方のような相撲をとる力士を育てて欲しいです。

ということで、今回は

「私が現役時代を見たイケメン力士」

その中からご紹介しました。

次回は、現役力士から選ぶイケメン力士をご紹介します。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

クリックお願いします。

大相撲イケメン力士
最新情報をチェックしよう!
広告