ただひたすら稀勢の里を褒める

コロナウィルスの影響が各地で出ています。

そして本日、政府からイベント中止・延期要請が出てきました。
いよいよ春場所開催危ないですね・・・。

何だか暗くなりそうなニュースばかりなので、何か明るい話題を・・・

ということで相撲界を見てて、明るい話題でサクサク書けそうなことがないかと見回すと・・・

ありました!いました!

荒磯親方!

今回はただひたすら荒磯親方、稀勢の里を褒めまくります。

実績

まずは元横綱という実績。
現在の相撲協会に元横綱親方が何人在籍しているかご存知ですか?
わずかに5人だけです。そのうちの一人というだけで凄いこと。
優勝回数が少ないことを指摘をする人もいますが、準優勝は12回。
撮影用の鯛が使われず刺身に化けるのを何度も見ている横綱です。
冗談はさて置き、あの怪我をするまで休場もなく、
出場し続けての安定した成績は立派です。
通算800勝、幕内714勝。
疑惑の一番や忖度など一切ない潔白な勝ち星です。
さらには17歳で関取、18歳で入幕という記録があり、
早熟の晩成という史上稀な横綱です。

将来性

あと10年もすれば年上の元横綱は武蔵丸のみ。
白鵬や鶴竜が引退後協会に残ったとしても、
二所ノ関一門を代表する理事になるのは間違いなく、
その人気も加味すると、理事長も夢ではないはずです。
現役時代の孤高の感じと、引退後も続く人気を見ていると
貴乃花親方を思い出しますが、決定的に違うのが親方衆との距離間でしょう。
相撲協会のyoutubeを見ていても、同世代の親方衆との掛け合いは楽しそうで、
貴乃花が引退後も孤高のベールを纏っていたのとは異なります。
相撲道に愚直に邁進した現役時代を見ている同世代の力士達も、
彼を支持してくれるはずです。

トーク力

トーク力こそが、現役時代隠していた現在の荒磯親方最大の能力(笑)。
ひよの山数え歌で仏頂面をしていたのが嘘だったかのような、
引退後の変貌ぶりに驚かされたファンも多いと思います。
それほど、大きな物を背負っていた現役時代だったことが想像されます。
しかし最近の稀勢の里は本当に饒舌です。しかもいい声。
正面解説の日も、ふられた話には現役時代の間隔も混ぜ、
小気味の良いテンポですぐに答えるという、
本当に滑らかな解説を見せています。
youtubeで突然のふりにも完璧に答えていました。
チャンネル登録をお願いする稀勢の里など、
1年ちょっと前に誰が予想できたでしょうか??

現役時代の実績や地位に変わらぬ人気とトーク力を兼ね備え、
親方衆からの人望もある稀勢の里改め荒磯親方。
今なお大関候補一番手に相撲で圧倒できる実力もあります。

まさに最強親方!

ということで今回は最近youtubeで見かける稀勢の里についてでした。

いよいよ週末には春場所開催について結論が出ますね・・・。

 

最新情報をチェックしよう!