CATEGORY

一言いいたい

  • 2020年1月20日

可能性はまだまだ【年齢制限の緩和について】

「お相撲さんってどうやったらなれるのか?」周りからよく聞かれる質問です。相撲界に入るには、新弟子検査に合格しなければならず、その合格基準は下記のような条件になります。 167㎝以上、67㎏以上 そしてこの条件をパスしたのち、内臓検査に合格すると、晴れて大相撲の力士になることができます。力士は相撲でお […]

  • 2020年1月19日

これからも強く照らす【照強の日に起きたまさかの・・・】

早いもので今年で阪神淡路大震災から25年がたちました。零和最初の1月17日。 そして初場所7日目。 毎年この日になると一部相撲ファンの中で 話題になるのがこの人 照強 1995年1月17日 震災直後の淡路島で生まれました。 被災地を強く照らす。 四股名にはそんな意味が込められています。 そんなことも […]

  • 2019年12月21日

朝乃山元年なるか?【安定感抜群。来年はさらに上へ!】

平成から令和に移り変わった今年も色々なことがありました。 優勝力士は下記の通り・・・ 初場所ー玉鷲 春場所ー白鵬 夏場所ー朝乃山 名古屋場所ー鶴竜 秋場所ー御嶽海 九州場所ー白鵬 そうか、玉鷲の優勝って今年の出来事だったんですね。 もっと前のように感じます。 個人的にこの中で最も印象に残っているのは […]

  • 2019年12月3日

SNS問題【阿炎らしく】

九州場所前の阿炎と若元春のSNSが発端となった今回のSNS騒動。 何をいまさら・・・というのが個人的な感想です。 相撲界では SNSの取り扱いらしきものを2月の協会員研修でやるらしく、 それまでは自粛ではなく「禁止」にするらしいです。 いやいや、やるのであればもっと早くやるべきだったのでは? これだ […]

  • 2019年11月17日

力士の怪我問題【照ノ富士・千代の国・宇良】

千代の国が幕下2枚目で関取復帰目前。 元大関照ノ富士も今場所での関取復帰の可能性を残す3連勝。 三段目では舛ノ山、二段目では宇良も白星先行。 かつて幕内を沸かせた人気力士達が、まだ薄暗い館内で奮闘しています。 その姿には勇気をもらいつつも、正直複雑な想いにならずにはいられません。相撲は関取と取的では […]

  • 2019年11月13日

ヤキモキ続きの九州場所【ここは勝たなきゃ朝乃山】

上位陣の奮起を期待した九州場所ですが、 2日目の状況で早くもため息交じりの週明けを迎えておりました。 そんな中で上位陣が奮起した3日目だったのですが、 今度はむしろ・・ 朝乃山、ここは勝たないと。 ここ数場所の朝乃山は本当に強くなった、 言い方を変えると安定感が出てきました。 横綱陣を突き上げる勢力 […]

  • 2019年11月11日

上位陣の奮起を期待【御嶽海の壁になれ】

「今場所はあくまでも挑戦の土台作り」 「33勝はあくまで目安なので今場所一気もあり」 「優勝したら誰も文句は言えないだろう」 「何番勝ったよりも雰囲気が大事だから」 場所前から色々と言われていますが、 御嶽海の大関挑戦がにわかに話題になっています。 白鵬と鶴竜の両横綱は休場が増えており、 大関昇進後 […]

  • 2019年10月4日

誰がいれるかルールはあるのか?【断髪式の止め鋏】

前回のブログで書いた、稀勢の里断髪式における若の里2回のハサミ。 どうやら本当に先代の分を入れたそうです。そして 翌日スポーツ新聞に掲載された高安の感謝広告など、 稀勢の里断髪式には素敵なエピローグが満載でしたね。 様々な競技は引退において「ユニフォームを脱ぐ」と表現される中、 相撲界は「断髪式」そ […]

  • 2019年9月29日

教育的指導【相撲界における教育の難しさ】

今回、貴ノ富士や貴源治の件を見て、改めて相撲部屋における指導や 教育についての難しさを感じました。相撲界においては、 今回問題になっている拳骨やあだ名などは可愛いもので、 理不尽に殴ることや、イジメのようなことは沢山あったと 多くの元力士達や、親方たちが語っています。 稽古場でボロ雑巾のようにされた […]

  • 2019年9月27日

あの人の意見は?【貴ノ富士暴行問題に想う】

非常に残念ですが書かなければいけないですね。 貴ノ富士問題。 いつものようにマスコミや維新力さん達が話をぐちゃぐちゃにしてくれているので、 よくわからない状態になっています。 そんな訳で私自身も整理するつもりで、一つずつ書いていきたいと思います。 まずは貴ノ富士。 辞めさせないで欲しいというのが正直 […]